東洋医学的な治療法とは・・・

Pocket

日本で発展した東洋医学的な治療はいくつかあります。

まずは、『漢方医学』です。いわゆる漢方ですね。

ずいぶんと一般的になってきた漢方ですが、これって日本で発展した医学なんです。

中国の医学である『中医学』が韓国の医学である『韓医学』と融合、

そして日本独自の医学であった『和法』と融合して『漢方学』が出来たのです。

 

また、漢方薬にも大きく2種類の薬剤があり『エキス剤』として抽出したものと

『生薬』として自ら煎じて飲むものとがあります。

近頃ではドラッグストアでも様々な種類が発売され

身近に購入することができるようになりましたね。

 

次に日本での独自な治療を遂げたのが『鍼灸』です。

もともと中国で発展していた『中医学』が日本に輸入されたのは中国が唐の時代の頃。

遣唐使などで輸入されていました。

安土桃山~江戸時代には様々な『鍼灸治療』が日本独自に開発されていきました。

現在の日本で一般的な細い鍼を使った『はり治療』や

米粒の半分ほどのモグサを使った『きゅう治療』は

日本人ならではの発想で生れました。

どちらも繊細な技術に支えられ、

現在では欧米諸国でもこの技術を扱う鍼灸師が増えています。

日本の鍼灸師としては嬉しい限りです!!

投稿日:

執筆者: