鍼灸治療に関すること

安産のお灸について

安産のお灸

妊娠中の妊婦さんは、

つわり、腰痛、胃の圧迫感、体重増加などの身体の変化と

大きくなるおなかへの期待と妊娠生活や出産への不安など、

体と心の変化に戸惑いを感じることが少なくないと思います。

当院では、

安定期に入ったら、安産のお灸として「三陰交」「足三里」にお灸をします。

そして、その時のお身体の状態にあった施術をさせていただきます。

ですので、妊娠生活での不安や困りごとなどなんでもお話ください。

妊娠生活を楽しく過ごしていただけますように

お手伝いさせていただけますとうれしいです。

ーーーーーーーーーーーーーー

私の妊娠生活と言えば、、、

長女の時は、鍼灸の国家試験の2~3週間後が出産予定日とわかり、

大きくなるおなかを抱え、受験勉強をしていました。

鍼灸の学生だったこともあり、周りの友達や先生に不安を吐き出し、身体がきついときは、施術をお願いし、

自分では、毎日「足三里」「三陰交」にお灸をするという日々を送っていました。

国家試験だけでも不安なのに、初めての妊娠出産で、妊娠生活を楽しむという余裕がなかったというのが

感想です。

受験勉強したいけど、身体はだるいし眠いし、参考書を開くといつの間にか寝ているし、勉強しないと試験あるし、で

心身共につらかったんですが、その中ですごく覚えていることがあります。

ちょうど安定期に入ったころの出来事。

はりきゅうの授業で、腰~背中にかけての施術を受けたときに、おなかの赤ちゃんが激しく動いたんです。

それまで、これが胎動?と感じるくらいの動きしか感じたことがなかったので、びっくり。

私の身体がリラックスし、緩んだことで長女も喜んだのか。。

授業中でしたが、同級生みんなで、わたしのおなかを触り、赤ちゃんの動きを確認していました。

(授業中に先生ごめんなさい)と思いつつも、はりきゅうって楽しいと感じた出来事でもありました。

 

-鍼灸治療に関すること

Copyright© 幸温灸院 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.